INFORMATION

  • 2021/11/29 フェイスブック更新しました フェイスブック更新しました


    詳しくはこちら
  • 2021/11/26 押縁 部材を押さえるための細い部材のこと。押さえる物はいろいろとあり、板や合板だけでなくガラスなどでも、板状の部材を押さえる部材のことを押縁と言う。材木だけでなく、真鍮やアルミの物から金属の物まであるが、押さえる部材によって使い分ける必要がある。額縁のように四周押さえる場合もあるが、基本的には飾りではなく押さえる目的で付けられている。三方押し止めなどもあり、下方だけ止めて済む場合もあるが、押さえる際には部材に注意しなければならない。薄い板を押さえる場合は、板の端だけではなく、中央部などにも配置することで、確実に押さえることが可能。止め方もいろいろあり、ビス止めやスナップインと言った方法も採られている。

  • 2021/11/24 フェイスブック更新しました フェイスブック更新しました


    詳しくはこちら
  • 2021/11/22 フェイスブック更新しました フェイスブック更新しました


    詳しくはこちら
  • 2021/11/19 馬積み ブロックやレンガなどの縦目地を交互にして積む方法

  • 2021/11/17 コレクションテーブルとは ガラス天板下にディスプレイしながら、収納できるスペースを確保することによって、魅せる収納という高いデザイン性と機能性を両立したテーブルのこと。
    引き出し式になっており、中に仕切りを入れるスタイルが多いため、簡単に自分のコレクションをディスプレイして楽しむことができる。また、自分のお気に入りのアクセサリーや雑貨をディスプレイすることで、他にはない自分だけのオリジナルの家具にすることができる。ガラス天板はスタイリッシュな魅せ方ができるだけでなく、圧迫感をなくす効果もあると言われ、部屋全体にすっきりとした軽やかな印象を与えてくれる。ローテーブルのものを選ぶことで、より部屋の圧迫感を軽減できるというメリットもある

  • 2021/11/15 新商品追加しました! TAPオリジナル待合用「フリーベンチ」が発売になりました!!
    コロナ感染対策として、天板・パーテーション・肘掛を置いて密を回避!
    コロナ後は、3人掛けベンチとしてもご利用いただけます!


    詳しくはこちら
  • 2021/11/12 ウィンザーチェアとは 厚い座板に細長い脚が取り付けられ、背もたれ部が細長い棒で作られた木製の椅子。
    17世紀後半にイギリスのウィンザー地方で生まれ、庶民が食堂などで使っていた椅子のこと。簡素な構造ながら実用的で使い勝手がよいため、後にアメリカにも広まっていった。座面に脚などを直接接合して制作される。「割れ楔(くさび)」といい、木の丸棒を差し込み、楔を打ち込み抜けにくくしている。座面部分には、お尻や太ももがフィットしやすいように、浅く削られているのが特徴。曲げ木技術を活かし、背もたれ部が丸いデザインになっているものも多く見られる。
    現代でもシンプルなデザインが受け入れられ、古くからダイニングチェアとして親しまれている。

  • 2021/11/10 フェイスブック更新しました フェイスブック更新しました


    詳しくはこちら
  • 2021/11/10 台輪とは 読み方は台輪(だいわ)。戸棚や箪笥などの一番下の台座となっている部分で、床と家具に接し、家具本体を支えている。
    本体の下に台輪があることで床からの汚れや湿気などが入りにくく、本体部分の扉や引き出しなどの開け閉めも容易になる。また、掃除機などでの掃除の際にぶつかっても、本体への衝撃が加わらないなど、家具を安定させる効果がある。
    工場などで製作される戸棚や箪笥、キッチンなどは希望する設置場所と高さが合わなかったり、実際に設置してみると寸法に誤差が生じている場合があり、台輪や支輪によって調整することができる。特にキッチンは台輪で高さの調節は行っていたが、最近では本体と一体になっているものも多い。